防衛省は14日、安全保障関連法に基づき自衛隊が米軍の艦艇と航空機を守る「武器等防護」を2019年に計14件実施したと発表した。18年に比べて2件減った。内訳は共同訓練の際の航空機防護が9件、艦艇の防護が1件、弾道ミサイル対応のための情報収集や警戒監視活動の際の艦艇防護が4件だった。時期や場所などは明らかにしていない。

河野太郎防衛相が14日、首相官邸で開いた…

無料・有料プランを選択

会員の方はこちら