電機業界は2020年3月期に前期比で7%の営業減益となりそうだ。減益なら4期ぶり。中国景気の低迷が続き、工場の自動化を促すファクトリーオートメーション(FA)や自動車向けの関連部品の販売が減少する。建機や半導体、テレビなども不振だ。とはいえ、構造改革を続けてきた効果で利益額は5兆円超と高い水準を保つ。

20年3月期まで15期連続で比較可能で、業種分類が「電機」の3月期企業177社を対象に集計した…

無料・有料プランを選択

会員の方はこちら