藤田観光は14日、2020年12月期の連結最終損益が4億円の黒字(前期は2億8500万円の赤字)になりそうだと発表した。当初は11億円の黒字を計画していたが、拡大する新型肺炎の影響を織り込んで7億円引き下げた。

新型肺炎の影響が2~4月まで続くことを前提に、「中国からの団体宿泊者がゼロになり、個人宿泊者は半減すると仮定した」(和久利尚志取締役)という。

事業別の営業減益要因として、ワシントンホテ…

無料・有料プランを選択

会員の方はこちら