ペッパーフードサービスが苦戦している。14日発表した2019年12月期の連結決算は、最終損益が27億円の赤字(前の期は1億2100万円の赤字)だった。25億円の赤字としていた従来予想を2億円下回った。主力のステーキ店「いきなり!ステーキ」は既存店の客数が減少している。収益回復が見込めない店舗などで27億円の減損損失を計上した。

売上高は前の期比6%増の675億円だった。いきなり!ステーキの店…

無料・有料プランを選択

会員の方はこちら